【Reference日本語化】Floating Group - ver.1.0

日本語化作業(運用ver.1.0)
①Google翻訳では精度が低いので、https://www.deepl.com/translatorを使用しています。
②翻訳後の文章だけだとBubbleのUI上どのボタンを指しているのか不明になったり、元々の文章の意図が汲み取れなくなる場合があるので、英語の原文と日本語訳を併記しています。
③タイトルは【Reference日本語化】hogehoge - ver.1.0という名付けにしております。
④本文冒頭には該当のreferenceページのURLを掲載しております。
⑤Referenceの日本語化は今後も上記運用で進めて行きたいと考えております。本投稿のバージョン更新、日本語化作業の運用ルール更新、Stripe以外のReferenceの日本語化など、みんなで一緒に進めていければと思います。

Floating Group
Floating groups are groups that float on the screen on top of the page but are not contained within the page. These are useful to keep an element in the same place on the screen regardless of the scrolling position of the page or the visibility of groups within the page. Floating groups are useful for headers, buttons like ‘Scroll to top,’ etc.
フローティンググループとは、ページの上に画面上に浮かんでいるが、ページ内には含まれていないグループのことです。これは、ページのスクロール位置やページ内のグループの見え方に関係なく、画面上の同じ場所に要素を配置しておくのに便利です。フローティンググループは、ヘッダーや「上にスクロール」などのボタンに便利です。

◆Type of content(コンテンツの種類)
This allows you to select the type of thing this container displays. Most elements that have this property also have a Data source property, which lets you select the displayed thing or list of things. The value of the data source must match the selected type of content.
Let’s look at an example of a map with hotels marked. When you click a marker, a popup displays with the name of the hotel. The Type of content would be ‘Hotel’ and the Data source would be ‘Map’s current marker.’
このコンテナが表示するもののタイプを選択することができます。このプロパティを持つほとんどの要素は、データソースプロパティも持っており、表示される物や物のリストを選択することができます。データソースの値は、選択したタイプのコンテンツと一致している必要があります。
例)ホテルがマークされたマップの例を見てみましょう。マーカーをクリックすると、ホテルの名前がポップアップで表示されます。コンテンツの種類は ‘Hotel’ で、データ ソースは ‘Map’s current marker’ となります。

◆Data source(データソース)
Define the thing or list of things that should be displayed in this container. For example, in groups or popups, only a single thing will display, but for repeating groups a list of things will display.
Child elements can access the Data source from their parent. If the parent contains a list of things, the child has access to the individual list items.
A common scenario for groups is to display something, like the current user, and then have the group contain the inputs that modify the user’s properties, such as text and images that display information about the user.
The Type of content determines what kind of thing you are allowed to set in the Data source field. If the type of thing does not match the Data source, it will be marked as an issue, and you must change one or the other to match.
The Data source can come from anywhere in Bubble. For example, it could be the result of a search, a custom or built-in Data source, or it could be dynamic and come from the user. The Data source will update when its source changes. For examle, if the search result changes because a user modified some data used in the search constraints, the displayed list will automatically change. For additional flexibility, you can update the Data source in the Conditional Formatting Tab in the Property Editor.
Finally, the Data source property can be modified by workflows. See the Element Actions section for more details. Changes made by actions override whatever you specify as the Data source directly or as a conditional state until you run a reset action, which then restores the original setting.
このコンテナに表示するものやリストを定義します。例えば、グループやポップアップでは単一のものだけが表示されますが、繰り返しのグループでは複数のもののリストが表示されます。
子要素は親からデータソースにアクセスできます。親要素に物のリストが含まれている場合、子要素は個々のリスト項目にアクセスすることができます。
グループの一般的なシナリオは、現在のユーザーのような何かを表示し、ユーザーに関する情報を表示するテキストや画像など、ユーザーのプロパティを変更する入力をグループに含ませることです。
コンテンツの種類は、データ ソース フィールドに設定することを許可されているものの種類を決定します。物事の種類がデータ ソースと一致しない場合は、問題としてマークされるので、どちらか一方を変更して一致させる必要があります。
データソースは、バブル内のどこからでも取得できます。たとえば、検索結果、カスタムまたはビルトインのデータ ソース、またはユーザーからの動的なデータ ソースなどがあります。データソースは、そのソースが変わると更新されます。例えば、ユーザーが検索制約で使用したデータを変更したために検索結果が変更された場合、表示されるリストは自動的に変更されます。さらに柔軟性を高めるために、プロパティ・エディタの条件付き書式設定タブでデータ・ソースを更新することができます。
最後に、データソースプロパティは、ワークフローによって変更することができます。詳細については、「要素のアクション」のセクションを参照してください。アクションによる変更は、リセットアクションを実行するまで、データソースとして直接指定したもの、または条件付き状態として指定したものを上書きし、元の設定を復元します。

◆Vertically float relative to(垂直方向を基準にしてフローティング)
Using this dropdown menu, choose the base to calculate the position of the floating group. Choose from:
– Top: The distance between the top edge of the group and the top of the user’s screen remains constant, no matter the scrolling position of the page. This is the default.
– Bottom: The distance between the bottom of the group and the user’s screen remains constant no matter the scrolling position of the page.
– Both: Both the top and bottom distances will remain constant, and a scrollbar will appear if the group is too short to show all its content.
– Nothing: The floating group will not float, meaning that it behaves like a regular group.
For example, the distance is calculated as the height between the top edge of the floating group and the top of the Bubble page. Then, it displays the floating group that distance from the top of the user’s screen.
Note: By placing the floating group high on the page and making it float relative to the bottom, the element may be ‘above’ the top of the screen and not display.
このドロップダウンメニューを使用して、フローティンググループの位置を計算するベースを選択します。

  • Top: ページのスクロール位置に関係なく、グループの上端からユーザーの画面の上端までの距離は一定に保たれます。これがデフォルトです。
  • Bottom:グループの下端からユーザーの画面の上端までの距離が一定になります。グループの下端からユーザーの画面の上端までの距離は、ページのスクロール位置に関係なく一定に保たれます。
  • Both:上部と下部の距離は両方とも一定に保たれ、グループが短すぎてすべてのコンテンツが表示されない場合はスクロールバーが表示されます。
  • Nothing:フローティンググループは浮動しません。
    例えば、フローティンググループの上端とバブルページの上端の間の高さとして距離が計算されます。そして、ユーザーの画面の上端からその距離だけフローティンググループを表示します。
    注意:フローティンググループをページの高い位置に配置して下から相対的に浮動させることで、要素が画面の上から「上」になってしまい、表示されないことがあります。

◆Horizontally float relative to(deprecated)(水平方向に相対的に浮く(非推奨))
Use this dropdown menu to determine whether the element floats relative to the Right, Left, or None. Right and Left refer to the horizontal edges of the page. This option is less common than vertical reference, but it is useful when you want an element to display no matter the page width.
このドロップダウンメニューを使用して、要素が右、左、またはなしのいずれかに相対的に浮くかどうかを決定します。右と左はページの水平方向の端を参照します。このオプションは垂直参照よりも一般的ではありませんが、ページ幅に関係なく要素を表示させたい場合に便利です。

◆Floating zindex(フローティングzindex)
Floating groups can be above other elements or benath the page, and then be used as a background design option. Note that when a floating element is beneath elements, it will only visible if the page background is transparent
フローティンググループは、他の要素の上やページの下に配置し、背景デザインのオプションとして使用することができます。フローティング要素が要素の下にある場合、ページの背景が透明な場合にのみ表示されることに注意してください。

◆Parallax effect factor(視差効果係数)
When a floating group is benath the page, you can apply a parallax effect to give some depth to the page. A factor of 1 will remove any parallax effect, while a factor of 0 will keep the element fixed, and a factor of 2 will make the element move twice faster than the scrolling position. A negative number will have the element move into the different direction of the scroll movement.
フローティンググループがページの下にある場合、パララックス効果を適用してページに奥行きを与えることができます。1の係数を設定すると視差効果がなくなり、0の係数を設定すると要素が固定され、2の係数を設定すると要素がスクロール位置の2倍の速さで移動します。負の数を指定すると、要素はスクロールの動きの異なる方向に移動します。

◆Start/Edit workflow(ワークフローの開始/編集)
Click this button to create a new workflow triggered by this element. The type of event depends on the element and is generally the most common event.
For example, buttons will create a ‘When this element is clicked…’ event. If a workflow already exists, this takes you to the existing workflow in the Workflow Tab. To create a different type of event or create a second event, go to the Workflow Tab and click the ‘Click here to add an event…’ button.
このボタンをクリックすると、この要素によってトリガーされる新しいワークフローが作成されます。イベントの種類は要素に依存し、一般的には最も一般的なイベントです。
例えば、ボタンは「この要素がクリックされると…」イベントを作成します。ワークフローが既に存在する場合は、ワークフロー タブの既存のワークフローに移動します。別のタイプのイベントを作成したり、2 つ目のイベントを作成するには、ワークフロー タブに移動して、「ここをクリックして広告を表示」をクリックします。

◆This element isn’t clickable(この要素はクリックできません)
When checked, the element will not trigger a workflow when clicked nor will the user’s cursor change to a pointer when they hover over the element. In addition, the item will display according to any specified conditional formatting for the ‘isn’t clickable’ state.
This can be used to stop a user from moving forward in a flow until some condition is true. For example, we might disable a specific action until the user is logged in. See This input should not be empty, which can also be used to prevent the user from clicking.
チェックされている場合、要素がクリックされてもワークフローが起動されず、また、ユーザーが要素の上にカーソルを置いてもカーソルがポインタに変化しません。さらに、アイテムは、「クリックできない」状態のために指定された条件付き書式に従って表示されます。
これは、ある条件が成立するまでフローの中でユーザーが先に進まないようにするために使用することができます。例えば、ユーザーがログインするまで特定のアクションを無効にすることができます。この入力を空にしてはいけないを参照してください。

◆日本語化作業運用ルールver.1.0
①Google翻訳では精度が低いので、https://www.deepl.com/translator を使用しています。
②翻訳後の文章だけだとBubbleのUI上どのボタンを指しているのか不明になったり、元々の文章の意図が汲み取れなくなる場合があるので、英語の原文と日本語訳を併記しています。
③タイトルは【Reference日本語化】hogehoge - ver.1.0という名付けにしております。
④本文冒頭には該当のreferenceページのURLを掲載しております。
⑤Referenceの日本語化は今後も上記運用で進めて行きたいと考えております。本投稿のバージョン更新、日本語化作業の運用ルール更新、Stripe以外のReferenceの日本語化など、みんなで一緒に進めていければと思います。

2 Likes

ありがとうございます!
転記ウェルカムですので、翻訳で活用できそうなところありましたら是非!
(可能でしたらwiki自体がDeepLベースになってるとめちゃ嬉しいです…!)

とりあえず粛々と進めます!

1 Like